回避運動でさらに動きを複雑に

蹴り技がかなり難しいため、やはりここは入門書にもあるとおりにジンガから回避運動の練習へと移ることにした。蹴り技とジンガの組み合わせは運動量的には激しいために汗がダラダラ。ダイエットには良いかもしれないが、ちゃんとカポエイラを楽しむにはやはり順序良く学んでいくことも必要ね(笑)。

最もシンプルな回避運動は、「ホレー」と呼ばれるもの。基本的な移動技の1つでもあるみたい。ジンガに続く基本動作の1つとも言われているようだ。動きはそう難しくなく、ジンガからのステップに続いて、左に移動するときは左足を軸にして左手を左足のそばに置き、右脇が伸びたところで右手も地面を捉えて回転。足を蹴り上げない側転の動作といえば分かりやすいかな? 移動を終えたら再びジンガだ。

完全に側転の動作で移動する方法は、「アウー」と呼ばれている。こちらも基本的な動作なのだが、ホレーほど簡単ではないのでとりあえずはスキップした方が無難だと思う。他には「ケーダ・ジ・ヒン」と呼ばれる横にとる回避運動や、「ポンチ」と呼ばれるブリッジの姿勢をとる動きがある。蹴りも難しかったが、回避運動もかなり難しい物が多い(汗)。中にはしゃがむだけの動作といった簡単なものもあるので、ダイエット目的ならそういったものをチョイスすべきだね。

ミュゼキャンペーン

ホレーだけでもかなりきつくなる!

回避運動でもあり移動方法でもあるホレーは比較的簡単な動きだ。まずはこれをジンガに組み込んでいくのも良いかもね。これを加えるだけで一気に「お? カポエイラっぽい!」となる(笑)。

アウーは横に移動する際にかなり腰をかがめて、またわき腹を伸ばすために簡単のようで負担は大きい。何度も繰り返すと腰が辛いし、思い切りやりすぎると膝も痛めやすい。この動きでは右手左手で体重を支える動きも加わるため、上半身の筋力も十分に刺激できる。

体の柔らかさもかなり要求される。側転をするアウーに比べれば楽なのだが、やっぱり簡単とは言えないかも(苦笑)。上半身をかがめてわき腹を伸ばして移動、再びジンガ、そしてホレーを繰り返すだけで体がかなりばててしまう。カポエイラがダイエット法として大っぴらに広まっていないのって、もしかしたら“難しすぎるから!”かも知れない(苦笑)。