.心なしか太ももが細くなった気がする

仕事の日は大体20時前後に帰宅。それからカポエイラでダイエット運動を1時間前後。準備運動に15分~20分ほど費やすから、実質40分少々がカポエイラで激しい運動をしている時間になる。休日もやはり1時間前後だが、加えて難しい技の練習をしたりもするので合計では倍ほど時間を費やすこともある。

そんなこんなで1ヶ月が経った。ちなみにカポエイラ以外の運動は一切していない。前にも言ったが、俺はフツ~の運動やスポーツが苦手なのだ。ジョギングなど退屈で仕方が無い。何か目的があればまた別なのだが、例えばボクシングのトレーニングの一環としてジョギングやなわとびをメニューに組み込むなど。まぁ、そうなるとカポエイラの上達という一環でジョギングもありのように思えるのだが、カポエイラはジョギングで汗を流すよりもとりわけストレッチの方をがんばるべきだと俺は思う。

なので暇さえあれば体をストレッチするようにしている。1分2分でも時間があれば、仕事の合間でも移動中でも、体側や股関節を和らげるストレッチをして少しでもカポエイラの技がやりやすいようになる努力をしている。

そのかいもあって、体は随分と柔らかくなった。1ヶ月でも人間の体は驚くほど柔らかくなるもんだよ。ダイエットにおいても体の柔軟性を高めるのは良いことだ。体を動かしやすくなればそれだけ運動による消費カロリーが増えるし怪我も予防できる。結構も良くなって健康的にもなれる。

酵素ダイエット.cc

ジーパンと太ももの隙間

カポエイラ本編のトレーニングによるダイエット効果は、ある日突然感じられた。俺は基本ジャージで過ごしているのだが、バイクに乗るときだけジーパンを履く。で、先日一ヶ月ぶりくらいに愛車に乗ろうとジーパンを履いたのだが、以前よりもスッと履くことができたのだ。

「あれ? こんなに緩かったか?」と思うものの、そんなはずはなかった。以前履いたときは多少のきつさを感じてワンサイズ上を買おうか悩んだからだ。

緩く感じたのは、ジーパンと太ももの隙間が広くなったのが大きかった。太もも部のシーパンを指でつまんで見ると、明らかにスペースが増えている。「あぁ、カポエイラの効果かもなぁ」と、そこでようやく気が付いた。蹴り技が主体のカポエイラは下半身ダイエットには有効そうだとは思っていたが、1ヶ月でこうも実感できるとは嬉しいものだった。

太ももにグッと力を入れると筋肉が隆起するのが分かる。筋肉と皮膚の間の脂肪が減ったからだ。だが、競輪選手のように太い太ももになってるわけじゃない。余計な脂肪が取れて引き締まったのだ。自分の体重を負荷としているくらいだから、このまま続けても極端に脚が太くなるってことは無いと思う。